スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

“幸せ”の青い卵、“安心”の茶色い卵(産経新聞)

 船橋市馬込町にある奈良養鶏園では、安心、安全にこだわった「茶色い卵」と、ユニークな「青い卵」という2つの名物を生産販売し、“卵好き”の人気を集めている。 

 奈良養鶏園は戦後間もなくの創業で、代表の奈良五十八さん(67)は2代目。「トリ好きが高じて、市内の工場に勤めていた先代が始めた養鶏場。飼料や育て方へのこだわりは60年以上の伝統がある」と奈良さん。養鶏園を切り開いた先代、富士男さんの名が書かれた品評会の彰状が、直売所を兼ねた事務所の壁を飾っている。

 現在飼育しているのは、茶褐色の卵を産むイサブラウン種を中心に約7000羽。遺伝子組み換えではないトウモロコシを使い、無添加の薬剤、抗生物質を使わない自家配合の飼料で育てられたニワトリの卵が、ここから全国に発送される。

 徹底した奈良さんのこだわりは、卵を割った瞬間に分かる。盛り上がった黄身、粘り強い白身だ。

 「ケーキの素材に最適と、使ってくれる菓子店が何軒もある」と、妻の美登里さん(63)。常連客の一人で市内の主婦、田中利枝さんは「卵かけご飯で食べてみると、素材の良さがすぐに分かる」と太鼓判を押す。

 珍しい青い卵を産むのは、チリ原産のアロウカナ種だ。ヨーロッパ種の血がほどんど入っておらず、南米のニワトリの原種に近いという。餌に関係なく殻は青いが、黄身や白身は他のニワトリと変わらない。

 幸せの“青い鳥”ならぬ幸せの“青い卵”は、食卓を囲むだれもが幸せな気持ちにさせられそうだ。

 ■一口メモ 奈良養鶏園((電)047・438・5489)は船橋市馬込町1161。営業時間は午前9時~午後6時。水曜定休。

【関連記事】
4ホテルがブイヤベースで競演!“千産千消”推進
お菓子のような食感 甘~ぃサツマイモ「大栄愛娘」
“鉄の女”が成功 卵ダイエット “糖質制限食”のお手本
メシウマ!卵かけご飯で10万人、町おこし課長補佐に観光庁長官賞
ニワトリ捕獲で大わらわ 静岡・藤枝の畑や山林に84羽、遺棄か

シー・シェパード元船長に懲役2年を求刑(読売新聞)
官房機密費、4・5月は大幅増の計3億円(読売新聞)
首都高近くの川に車転落 車内に1人確認(産経新聞)
北朝鮮へ化粧品不正輸出、商社社長ら逮捕 兵庫・山口両県警(産経新聞)
原子力利用など議論=APEC会合で―直嶋経産相(時事通信)
スポンサーサイト

<蚊やり豚>インテリアで人気 三重・菰野(毎日新聞)

 三重県菰野(こもの)町の万古焼の窯元、松尾製陶所(松尾徹也社長)で、夏の風物詩「蚊やり豚」の生産と出荷が最盛期を迎えている。つぶらな瞳で喜怒哀楽を表現した10種類を生産。大きさは大、中、小があり直径15センチの中型が人気だ。

 中に入れる蚊取り線香の需要減で年々注文が減っている。だが最近では、夏の風情を楽しむインテリアとして購入する人が多いという。今年は約3000個を作り、地元の問屋へ卸すほか、道の駅「菰野ふるさと館」で販売する。【兵藤公治】

【関連ニュース】
掘り出しニュース:ゆずペースト「仏料理でも好評」でパリに進出
道の駅:「阿武町」公募支配人に新谷さん 「外に開かれた田舎へ」 /山口
道の駅むなかた:来場者300万人達成 /福岡
観光パンフ:見開くと「横手焼きそば」の目玉焼き 横手市観光連盟が配布 /秋田
特産品作り:三ツ池老人会と日赤奉仕団、豊郷で勉強会 /滋賀

口蹄疫被害、月当たり33億円=鹿児島県(時事通信)
宮崎の種牛、49頭の殺処分終わる=優良5頭の無事祈る―東国原知事(時事通信)
<民主代表選>「鳩山首相退陣は菅氏にも責任」自民・谷垣氏(毎日新聞)
議長不信任決議案、上程せず…衆議運委(読売新聞)
社民連立離脱「信念で乗り切るしかない」 鳩山首相(産経新聞)

事件?路上で男性死亡 東京・足立(産経新聞)

 23日午前8時20分ごろ、東京都足立区竹の塚の路上で、「ビルの前の路上に男性が倒れている。呼吸をしていないようだ」と通行人の男性から119番通報があった。男性は病院に搬送されたが、まもなく死亡。警視庁竹の塚署で詳しい死因を調べるとともに、事件と事故の両面で捜査している。

 同署によると、男性は区内に住む男性(40)とみられ、目立った外傷はないという。男性が所持していた財布には現金が残っていた。男性が発見される直前、付近の住人が男性同士の言い争う声を聞いており同署で関連を調べている。

【関連記事】
“不同意堕胎”イケメン医師、妊娠知った数日後に結婚してた
日本製は極めて高価…窃盗団が暗躍する中国“紙おむつ”事情
銭湯で独り言ブツブツ…小2女児刺した“引きこもり女”の正体
自宅差し押さえの掛布氏に厳しい判決 借金訴訟で控訴棄却
美女のパンスト持ち去る奇妙な詐欺 犯行の一部始終を直撃

ネット選挙解禁法案を決定=今国会で成立目指す―与野党(時事通信)
国保保険料、来年度も上限引き上げ=中間所得層の負担軽減へ―厚労省(時事通信)
<天皇、皇后両陛下>植樹祭出席などで神奈川県中井町へ(毎日新聞)
<日米外相会談>「同盟」テコ、対米優先に地元反発(毎日新聞)
個性派ズラリ!ラーメンバトル2010 グランプリ「牛タンラーメン」の実力は?(産経新聞)

ニセ女医、元夫は医師…勝手に免許持ち出す?(読売新聞)

 岩手県立宮古病院に循環器科医として着任予定だった医師が無資格だった事件で、医師法違反容疑で逮捕された大阪市天王寺区、無職一宮輝美容疑者(44)の元夫が医師だったことが17日、捜査関係者への取材でわかった。

 一宮容疑者が、病院側に送った偽造の医師免許証の登録番号(医籍)が、元夫である医師の免許証のものと一致していたことが確認された。宮古署は、一宮容疑者が元夫の免許証を勝手に持ち出すなどして、コピーを保管していた可能性もあるとみて、公文書偽造にあたるかどうか、引き続き慎重に調べている。

 一宮容疑者は、同時に着任予定だった男性(38)分と合わせ計2通を病院にファクスしたが、もう1通の登録番号は実在しない可能性が高いこともわかった。

 複数の捜査関係者によると、一宮容疑者には結婚歴が数回あった。そのうちの1人が医師と判明したため、同署は今月8日の逮捕後、大阪に捜査員を派遣。この元夫からも事情を聴き、登録番号の確認を進めていた。

 一宮容疑者は、病院の求めに対し、一貫して医師免許証の提出を拒否していた。だが、4月30日深夜にファクスしてきた免許証には、公印がなかったり、厚生省(当時)の担当局長名が間違っていたりしていた。

将棋の加藤九段に野良猫への餌やり禁止命令(読売新聞)
口蹄疫 殺処分に追われる関係者 疲労と焦燥が蓄積(毎日新聞)
ペコちゃん盗で懲役5年=「換金目的で身勝手」―和歌山地裁(時事通信)
乳児虐待の男を再逮捕=妻にも暴行、傷害容疑-福岡県警(時事通信)
強盗に自転車投げた!乗って逃げられた(読売新聞)

俳句塾 ニューヨークで最終回…俳人の大高翔さん(毎日新聞)

 【ニューヨーク山科武司】本紙愛読者の広場「まいまいクラブ」の「ケータイ写真俳句」選者で、4月末から米東部で俳句の魅力を伝える「俳句塾」を開いてきた俳人の大高翔さん(32)が8日、シリーズ最後の俳句塾を紀伊国屋書店ニューヨーク支店で催した。

 大高さんは自著「親子で楽しむ こども俳句塾」(明治書院)を用いて俳句作りの手順を説明。親子連れなど参加者は思い思いの季語を織り込んで句作に挑戦。短い言葉からつむぎ出される豊かな情景を楽しんだ。

 米滞在歴約3年で、母親の柴田理恵さん(40)と参加した理見(さとみ)ちゃん(8)は、学校で英語での俳句作りを習ったばかり。「日本語で作るのは難しかった」と言いながら「毎朝のトマトは赤くておいしいよ」と詠んだ。

 大高さんは「今回訪れた6カ所それぞれで俳句の受け止め方や作り方が違い、俳句の奥深さを改めて感じて新鮮でした」と満足そうだった。

普天間問題 首相発言詳報(産経新聞)
車内の男児、外的要因で死亡=頭に打撲痕、慎重捜査-茨城県警(時事通信)
<京都地裁>裁判長怒る 「居眠りする人は出ていって」(毎日新聞)
ブレたくない?首相の「ぶら下がり取材」短く(読売新聞)
平野官房長官 鹿児島へ 徳之島の町議と12日午後面会(毎日新聞)
プロフィール

しまひではるさん

Author:しまひではるさん
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。